パントマイムよもやまばなし No. 451-500

| 451 | 452 | 453 | 454 | 455 | 456 | 457 | 458 | 459 | 460 | 461 | 462 | 463 | 464 | 465 | 466 | 467 | 468 | 469 | 470 | 471 | 472 | 473 | 474 | 475 | 476 | 477 | 478 | 479 | 480 | 481 | 482 | 483 | 484 | 485 | 486 | 487 | 488 | 489 | 490 | 491 | 492 | 493 | 494 | 495 | 496 | 497 | 498 | 499 | 500 |


No.451 - ヤマダトウシ氏のpageを公開、ほか

カテゴリ: [WWW, 書籍情報] - - 投稿者:William Nakamura
'01.06.03(Sun.) - 22:53
- -
コメント元:
コメント:
いつもお世話になっております。Pantomime.orgを運営しているWilliam Nakamuraです。

久々にPantomime.orgのpageをおおはばに更新いたしました。『Pantomimist』のコーナーに、山田氏より頂戴した情報にて「ヤマダトウシ」氏の紹介ページを追加。

ヤマダトウシ氏は、高い技術と表現力、芸術性、エンターテイメント性に定評のある方で、まさにマイムの王道を行くMime Artistと言えます。1983年から演劇を、そして1988年からパントマイムを始められ、パントマイムは清水きよし氏に師事されました。以降、ソロマイム作品を国内および海外にて発表してこられ、各地のマイムフェスティバルにも参加、「大道芸ワールドカップ in 静岡」には毎年出場、TV CMにも出演されています。
http://www.pantomime.org/yamada/ にて直接「ヤマダトウシ」氏の紹介pageにアクセスできます。

「清水きよし」氏のPageも公演情報を中心に更新いたしました。6月16日〜24日の『11弦ギター&パントマイムの夕べ/山口・九州ツアー』。これは、11弦ギター奏者・辻 幹雄氏とパントマイミスト・清水きよし氏のツアーです。
8月31日・9月1日開催の『仮面劇団 ゆふぎ亭』の公演情報・チラシも掲載いたしました。ゆふぎ亭の舞台は久々で、とても楽しみです。Pageは、 http://www.pantomime.org/shimizu/ です。

いずれも、Pantomime.org(http://www.pantomime.org/)のTop pageから入ることができます。

何卒よろしくお願い申し上げます。
                      草 々

No.452 - 仙台

カテゴリ: [コメント] - - 投稿者:AL
'01.06.06(Wed.) - 19:31
- -
コメント元:
コメント:453
仙台でパントマイムが習えるところはありませんか?
情報をお持ちの方レスお願いします。

No.453 - RE:仙台

カテゴリ: [コメント] - - 投稿者:nagatomo
'01.06.07(Thu.) - 11:52
- -
コメント元:452
コメント:
> 仙台でパントマイムが習えるところはありませんか?
> 情報をお持ちの方レスお願いします。
- -

今すぐではありませんが、12月に山本光洋氏の公演およびワークショップが開催されるようです。

その準備段階の情報交換会が先日(5/9)に行われたようです。
すぐに習えるところが見つかるかどうかはわかりませんが、情報収集という意味でこの主催者とコンタクトを採ってみるのはどうでしょう?

詳しくは、このBBSの
432 を参照してください。

No.454 - 出演者募集について

カテゴリ: [一般的な話題] - - 投稿者:マイムを愛する者より
'01.06.17(Sun.) - 19:07
- -
コメント元:
コメント:
府中シティマイムでは、あらゆる事にこだわりなく、広く3〜4名の出演者を募集しております。
なお、あらゆる事とは年齢、性別、国籍、経験など、また俳優になりたいと考えている方や年金生活をされて趣味を探していらっしゃる方など、ご遠慮なくお問い合わせ下さい。地域での一生の思い出を一緒に創りましょう。
*出演者には、多くの舞台出演経験や海外でパントマイム、コーポラルマイム、ポーリッシュマイムの修行をした者もおりますので、舞台出演がはじめての方もご安心なされて、ご出演ください。

   1、公演日  10月13日(土曜日)
   2、作品  「風の旅人」
   3、会場   府中の森藝術劇場
           ふるさとホール(客席約500人)
   4、参加費 3万円(分割相談可)
 尚、連絡先は、090−4953−2522迫まで。

是非、10月23日の府中シティマイムの講習会にご参加ください。アットホームでおおらかな雰囲気が味わえます。

No.455 - パントマイム・メーリングリスト始まりです

カテゴリ: [一般的な話題] - - 投稿者:tico
'01.06.17(Sun.) - 20:43
- -
コメント元:
コメント:
こちらのHPでも紹介がありますように、nagatomoさん、Williamさん、ticoの3人が相談をして、メーリングリストを始めることにしました。掲示板とはまたちょっと違う雰囲気だと思います。たくさんのご参加お待ちしています。

チコのページはこちらです。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~tico/hobby/pantomime/ml.html

No.456 - 子供向けパントマイム公演

カテゴリ: [公演情報] - - 投稿者:ケロ
'01.06.18(Mon.) - 23:44
- -
コメント元:
コメント:

東京都阿佐ヶ谷駅徒歩3分のザムザ阿佐ヶ谷で
山本さくらさんによる、パントマイムフォーキッズ。
ぜひ見に来て下さい。
さくらさんが行っている夜の公演の合間に、
親子で気がねなく楽しめる公演をします。
ぜひいらしてください。
詳細、お問い合わせはこちらをごらんください

http://www.ac-suginami.com/kyukyu/mamakids.html

No.457 - カンジヤママイム日本最終公演のお知らせ

カテゴリ: [コメント] - - 投稿者:カンジヤママイム
'01.06.26(Tue.) - 12:36
- -
コメント元:
コメント:458
カンジヤマ・マイム最終公演のお知らせ
今秋より代表の藤倉健雄が、アメリカ中西部のウィスコンシン大学よりフェローシップ(特別研究員基金)を授与され、同大学院博士課程に在籍しながら同時にマイムクラスを指導予定です。つきましては今年7月末をもちましてカンジヤマの国内活動を一時休止とさせて頂きます。日本最終公演は7月15日(日)渋谷、東京都児童会館(03-3409-6361)にて行います(午後一時半開演。)入場無料です。今後の詳しい情報は追ってホームページにて発表させて頂きます。今までの皆様のご声援に心より感謝いたします。
カンジヤマ・マイム

No.458 - RE:カンジヤママイム日本最終公演のお知らせ

カテゴリ: [コメント] - - 投稿者:nagatomo
'01.06.26(Tue.) - 14:55
- -
コメント元:457
コメント:
> カンジヤマ・マイム最終公演のお知らせ
- -

上記公演内容をトップ・ページと公演情報のページに追加いたしました。

発展的な方向に伴う「一時休止」とはいえ、やはり寂しさを感じてしまいますが、ともあれ当地でのご健闘をお祈りします!

No.459 - シンクロの感想について

カテゴリ: [一般的な話題] - - 投稿者:マイムを愛する者より
'01.06.26(Tue.) - 17:53
- -
コメント元:
コメント:
POSTさんへ

先日は、Nステーションのシンクロの放送のご連絡をいただきまして、ありがとう御座います。

         入りの場面について

 ドアを開く時は、ゆかをおす事を忘れずに!
 一人がボール(バレイボール)位のない物をあるように見せ、一人がそれを見る。
 そして、バレイボールを下からサーブするようにボールをプールに入れる。それを追うように首を動かし胴を動かし、手や腕を動かしプールに入る。少しスロウで!表情!
*ないものをあるように見せるのは、マイムです。アンビジィーブルはビジィーブル(見えない事は、見える事である。)

         分解について

 水中での日本人の動き、頭と首が一体となっている。マイムにとって頭と首は別です。

         音のとらえ方

 日本人の動きのカウントは、少しうごきが遅れている。 テレビで放映された音は、カウントの取りずらい音でした。 しかし、ロシアはカウントが終る前に動きが決っていたので、音楽が動きにかぶさっている。マイムで音(ここでは音楽ですが)を使う時は、音に乗ることに注意しなければならない。       取りあえず感想です。 

No.460 - ありがとうございます

カテゴリ: [一般的な話題] - - 投稿者:POST
'01.06.28(Thu.) - 10:55
- -
コメント元:
コメント:
マイムを愛する者様、感想ありがとうございました。
言われてみれば確かに頭と首が一体になってますね。
音に乗るというのは音が動きにかぶるということですか?
ロシアみたいに。
ともあれ、ありがとうございました。

No.461 - Commedia dell'Arte講座(7/5より)

カテゴリ: [教室情報] - - 投稿者:William Nakamura
'01.06.30(Sat.) - 13:41
- -
コメント元:
コメント:
こんにちは。William Nakamuraです。

コメディア・デラルテ(Commedia dell'Arte)の講座情報です。

コメディア・デラルテはマイム/パントマイムではありませんが、
歴史的に、マイムやクラウン芸の源流の一つとして位置づけられる
ことがあります。
日本でコメディア・デラルテの演技を仮面やバトーチョ等の道具を
使用して実習できる機会は非常に少なく、Nakamuraも第1・2期
の講座を受講しましたが、とても楽しい内容で、お薦めできます。
マイム芸、クラウン芸の幅を広げたいという方にはうってつけの
講座だと思います。

--------------------------------------------------------------
『イタリア仮面喜劇 コメディア・デラルテ』

日時:2001年7月・8月・9月の木曜日(7月5日より)
   7/5,12,19,26、8/2,9、9/13,20,27 の全9回 (第4期)
   19:00〜21:00
主催・会場:阪急大井 doカルチャー ア・グ・リ・
      TEL 03-5746-1090/FAX 03-5746-1095
  <交通:JR京浜東北線大井町駅より徒歩3分>
  〒140-0014 東京都品川区大井1-50-5 大井開発ビル2F
   Web:
http://www.joba.co.jp/agooli/
受講料: 27,000円(消費税別途:1,350円)

講師:光瀬 名瑠子(みっせ なるこ) 俳優/演出家 
   ※ 光瀬氏は、コメディア・デラルテの本場イタリアにて、
     著名なコメディア・デラルテ研究家、役者・演出家、教師、
     仮面作家であるAntonio Fava氏に師事、日本においてコメディア・
     デラルテの演出家・俳優として活動。デラルテ舎を主催。
     本年5月には、日本におけるイタリア2001参加ということで、
     Antonio Fava氏ひきいる Teatro del Vicoloの公演に参加出演。
   ※「デラルテ舎」:http://member.nifty.ne.jp/dellarte/

申込み、問合せ:阪急大井 doカルチャー ア・グ・リ・
        TEL 03-5746-1090/FAX 03-5746-1095
        〒140-0014 東京都品川区大井1-50-5 大井開発ビル2F
        Web:http://www.joba.co.jp/agooli/
----------------------------------------------------------------------
★講座は、16〜17世紀(ルネサンスからバロック初期)にイタリアで生まれた
古典喜劇のコメディア・デラルテをレクチャーと実践を通して学ぶもので、
実践では仮面やバトーチョも使用して各キャラクターの特徴・動き・台詞を
実習する。また、短いストーリーを受講生自らが創作し、個人および集団に
よる即興と劇を行う。コメディア・デラルテは多くのパフォーマンスへ応用が
可能である。
---------------------------------------------------------------------
☆余談ですが、日本のマイミスト達にも人気の高いフランス映画史上の名作、
『天井桟敷の人々』(ジャン・ルイ=バロー主演/エティエンヌ・ドゥクルー
出演、マイム演技指導)は、イタリア発祥のコメディア・デラルテが19世紀
フランス化したもの(19世紀フランスのパントマイム役者デビュローが
モデル)を題材にしていると言われます。
映画では、コメディア・デラルテのキャラクターの一つが変化したと言われる
「ピエロ」と、ザンニ(召し使い)の一種である「アルレッキーノ」(イタリ
アのオリジナルでは仮面を使用)と女性のキャラクターの一つである「コロン
ビーナ」の恋物語りが展開されます。
---------------------------------------------------------------

                          草 々

No.462 - シンクロについて

カテゴリ: [一般的な話題] - - 投稿者:マイムを愛する者より(武内勲)
'01.07.05(Thu.) - 15:21
- -
コメント元:
コメント:
 ポストさんへ
音に乗るというのは音が動きにかぶるということですか?
客席から観て、動きが音(音楽)によって装飾されていればよい事です。そして、人が創り出すカウントに対する表現も。

 例えば、ジャンルイ・バロオはピストルを打つ時、効果音がなってから打つ動作をしますか。
 音響係が動きにあわせます。
 例えば、カール・ルイスはピストルが鳴ってからスタートをしますか。
 音が鳴る前に体は動いています。
 また、カウントは通過地点です。しかし、正確に通過しなくては通過地点に成りません。

 パリ三年目(マルソーのマイム学校では、二年目)のある日、学校の地下の劇場で舞台前から舞台センターに戻る時(戦争のシーン)、マルソーは、「音楽に乗っていないから乗るように」言いました。そして、それを彼はやって見せました。その時からわたしは音楽に乗る事が出来るようになりました。

 パリからロンドンにコーポラルマイムの学校は移りましたが、コリーン・スームからわたしは四年間コーポラル・マイム(エチエンヌ・ドクルースタイル)の指導を受けました。また、コリーンからオペラコミックのダンサーであったイブ・キャサテーを紹介され、クラックバレイの指導を四年間受けました。彼もカウントには、うるさかった。
 デュエットが毎日一時間しているストレッチは、フロアーバレイであり、バー・オー・ソルだと思います。二人はアイスクリームを食べられる程、身体に恵まれています。彼女たちは、サイボーグです。ソロの方は、バレイを十六年やっているとの事、かなり高い芸術性が大舞台で評価されると思います。






No.463 - ヤマダトウシ氏/マイム教室情報

カテゴリ: [教室情報] - - 投稿者:William Nakamura
'01.07.14(Sat.) - 01:27
- -
コメント元:
コメント:
こんにちは。William Nakamuraです。

パントマイムの教室情報です。サークル的な性格の教室とのことです。
千葉県の美浜区界隈にお住いの方は覗かれてみるといいのではないでしょうか。

講師のヤマダトウシ氏は、1983年から演劇、1988年からパントマイムを始められ、以降ソロマイム作品を数多く創作、全国各地で公演されています。海外でも自作を発表され、国際マイムフェスティバルにも多数参加されています。「大道芸ワールドカップin 静岡」には6年出場。
TV CMに多数出演。パントマイム劇団『ふく』団長。
高い技術と表現力、芸術性、エンターテイメント性に定評のある方です。

---------------------------------------------------------------
【パントマイム教室/サークル情報】

『トウシクラブ』

講師:ヤマダトウシ
日時:毎週水曜日 PM6:00〜8:00予定(体験随時受付け)
場所:千葉県美浜区内(最寄り駅は稲毛海岸)
費用:月2,000円(月4回予定)
申込み・問合せ:
mailto:pantomime@toushi.club.ne.jp
        TEL. 043-279-8991

※ヤマダトウシ氏の教室は茨城県水戸市にもあります。
---------------------------------------------------------------

なお、ヤマダトウシ(山田とうし)氏&あがりえ弘虫氏のユニット、マイムチャップスティックス(Mime Chopstics)が、2001年7月20日(金)放送の「NHK BSフルーツサンデー」に出演されるとのことです。

ヤマダトウシ氏のプロフィール等の詳細については、以下のPageをご覧ください。
http://www.pantomime.org/yamada/

※同情報をパントマイムMLにも流させていただきました。
                         草 々

No.464 - シンクロ見ました

カテゴリ: [一般的な話題] - - 投稿者:nagatomo
'01.07.21(Sat.) - 13:11
- -
コメント元:
コメント:
やっと見ました、シンクロ。
競技について詳しく知らないのですが、勝手な感想など。


■ シンクロでのパントマイムの動き

シンクロは競技なので、難易度の高い技を一定数以上盛り込む必要があるとのことです。それらを盛り込みながらパントマイムらしさを出すのは苦労が多かったことだろうと思います。しかも、デュエットなので水から全身を出すことはできず、上半身または下半身のみでの表現です。

・・・大変だわ、これは。


前半はロボット系の動きで、主に上半身での表現になります (下半身の技でも脚の形などでロボットらしさを出そうという工夫はあります)。これだけ制限の多い中での動きとしては、最善の表現だったと思います。

パントマイムでロボットというと、「無表情で!」などとよく言われますが、シンクロでそれをやると殺伐としてしまう(し、作品の雰囲気からいってもそぐわない)ので、表情を使っていた点はむしろ功を奏していたと感じました。


後半は、水辺の風景(・・でいいんだろうか?)で、ボートをこぐ動きや釣りの風景などが描かれていました。

これは、とてもうまいアイディアだと思いました。なにせ、水の中でやる演技なのだから、ぴったりはまります。魚が糸を引っ張るところ(ロープを上るテクニック)や、脚を浮きに見立てるところなど、秀逸でした。


パントマイム側に立つものとしては、脚の表現力について認識を新たにしました。脚だけで、これだけ表現できるのね。
日本もさることながら、ロシアの脚を使ったさまざまな表現にもうなってしまいました。



■ 喜劇性 - 調和と不調和のジレンマ

フィギュアスケートなんかではコメディ・タッチなものも散見していましたが、シンクロで喜劇的な作品が演じられたのは、初めてと言ってよいそうです。表現面で新機軸をうち立てて、しかも優勝できるクオリティに持ってきたとはすばらしい。


もっとも爆笑を誘うような喜劇、とはなかなかいきません。・・・って、そもそもシンクロで爆笑を!という私の期待が間違っているような気がしますが。

しかし、これは「シンクロ = 同調性」をテーマとする競技の宿命であるようにも思いました。

笑いとは、調和を打ち崩すところから発生することが、多くあります。しかし、シンクロは揃ってなんぼですから、原則として調和を崩す笑いの手法が使えなくなります (もっとも、今回のシンクロではワンポイント的に、片方があえて異なる動きをしているところもあったように見受けますが)。


たとえば、前半のロボットのところなど、一人はロボットでもう一人は人間、ところがロボットがなかなか言うことを聞かなくて・・・などとすれば、笑いどころを設けやすくなります。

でも、それをするとたぶん技術点が評価できなくなるんですね、きっと。

ですが、二人の異質なキャラクターが、期せずして動作が一致してしまうというようなことでも笑いが生まれるので、工夫次第では、"もっと" 笑えるシンクロ、というのもできる余地があるかもしれません。


いや、そこまでしてシンクロで笑わなくてもと言われれば、そりゃそうなんですが。

--

なお、作品の方向性云々ではなく競技としてですが、僕はシンクロの技の難易度などわからないまったくのシロートですが、それでも日本デュエットチームの動きの揃い方にはたしかに感銘を受けました。ロシアはともかく、ほかのチームとの差を感じます。

優勝してよかったと素直に思いました。


--

# だが、30過ぎの男が熱心にシンクロを見るのは、
# いかがなものかという気も。

No.465 - 2001年7月末日

カテゴリ: [一般的な話題] - - 投稿者:マイム芸術研究所(武内勲)
'01.08.05(Sun.) - 15:39
- -
コメント元:
コメント:466
 ジャズダンスやヒップホップのレッスンを受けていると、今まで限りなく海外を含め、多くのレッスンを受けていた蓄積かも知れないが?
 マイムからしてビックリ(微笑)する振り(コレグラフ)にあたる。
 肌の色を越えマイムも進化を遂げる必要性を、実感とし感じる。その進化とは?いくら自分で違う物だ!と言った所で無駄で、観客が評価を下す事(第BB阿諒匹慮・海βΔ砲い覺儼犲圓・蓑武内勲
mimeisao@hotmail.com
   

No.466 - RE:2001年7月末日

カテゴリ: [コメント] - - 投稿者:tico
'01.08.03(Fri.) - 08:52
- -
コメント元:465
コメント:467
すみませんが、一部文字化けして読めません。nagatomoさんかご本人さん、書き直していただけませんか?
みなさんのところはどうなんでしょうね?

>  肌の色を越えマイムも進化を遂げる必要性を、実感とし・憧兇犬襦・海里茲Δ併廚い蓮∋笋鬚・蕕督困い紳燭・了愼B3・圓悗隆脅佞・函ΑΑ鳥廚ΑぁΑ〔斉ぁ藝討咼泪ぅ爐離肇譟璽縫鵐阿卜紊燹・         ”霪癲〃・mimeisao@hotmail.com   
- -

No.467 - RE:RE:2001年7月末日

カテゴリ: [コメント] - - 投稿者:nagatomo
'01.08.03(Fri.) - 10:35
- -
コメント元:466
コメント:468
> すみませんが、一部文字化けして読めません。nagatomoさんかご本人さん、書き直していただけませんか?
> みなさんのところはどうなんでしょうね?
>
- -

ありゃ、化けてますね。最初見たときは、気づかなかったのだけど。僕の側ではちょっと対処できそうにないです。

ただ、武内さんもコンピュータまわりにトラブルがあると別件のメールでおしらせいただいたので、しばらくお時間をいただくことになろうかと思います。


# なお、仕事の方がどうにか落ち着いたので、このサイトも
# 含め、ようやくあれこれいじれるかと思っています。

No.468 - RE3:2001年7月末日

カテゴリ: [コメント] - - 投稿者:William Nakamura
'01.08.04(Sat.) - 01:50
- -
コメント元:467
コメント:
Tico san wrote:
> みなさんのところはどうなんでしょうね?
Nagatomo san wrote:
> ありゃ、化けてますね。最初見たときは、気づかなかったのだけど。

No.465の武内さんのご投稿、数日前にはちゃんと表示されていたのですが、今見たら確かに化けていますね。どうしたんでしょう。

ところで、武内さんは活動を本格的に再開されるのでしょうか。Corporal Mimeのワークショップなども開催していただけると嬉しいのですが。

                   William Nakamuraより

No.469 - 武内さんの文章読めました

カテゴリ: [コメント] - - 投稿者:tico
'01.08.05(Sun.) - 08:33
- -
コメント元:
コメント:470
レスが続いたので新規で失礼します。

nagatomoさんが何か「作業」してくださったのですか?
文字化けは直って、本文は読めました。
(メールアドレスが文字化けしましたが、本文が読めればいいでしょう)
しかし、言葉が少なく、ほとんど独り言のようでした。
武内さんが自分に対してカツを入れておられるようでした。
それぞれのレベルで、一人一人思い悩みながら
前進していくのだなあと思いながら読んでいました。

No.470 - BBSの限界、351-400過去ログ

カテゴリ: [コメント] - - 投稿者:nagatomo
'01.08.05(Sun.) - 11:13
- -
コメント元:469
コメント:
tico-san, wrote:
>文字化けは直って、本文は読めました。

僕のところでは、まだ不具合があるのですが・・・。
うーん、文字化けには強いシステムだったつもりなんだけど。

ところで、
> nagatomoさんが何か「作業」してくださったのですか?

これは基本的にはできないように作っています。たとえ管理者であっても、内容はいじれないのです。全文削除ならできるのですが。
だからご本人が書き直してくださったのだと思います。

--

話は変わって、ここの過去ログ 351-400番の過去ログをアップしています。
http://www.officeww.com/mime/etc/

結構、いろんな話題があったものです。

No.471 - マイムについて

カテゴリ: [コメント] - - 投稿者:マイム芸術研究所
'01.08.08(Wed.) - 19:40
- -
コメント元:
コメント:472,476
場所があれば、指導された事、勉強した事を伝えることが、可能です。2年前の11月よりトレーニングを再開したので、今は海外で修行をしている以上に体が出来ています。生活は安定しているので、多くのレッスン料又、一般的なレッスン代は必要ありません。低額が可能です。

私は、コーポラルマイムをマダム・コリーン・スームから4年間勉強しました。
*パリのコーポラルマイムの学校で1年間とマルソーの学校で3年間。
*コーポラルマイムの学校は、今ロンドンにあります。
そして、アメリカでの1年間の修行時代、ロスのポモナカレッジの2週間のワークショップで、トム・レバート(ポストモダーンマイムの著者)から指導を受けました。トムには「残って勉強しないか?」と言葉を頂きました。
*マルソーの学校でマキシミリヤン・ドクルーから指導を受けましたが、すでにドランカー(酒)でした。

マルソーはコリーンの事をエティエヌ・ドクルーのエポックと言ったことがあります。
マルソーはトマチェフスキーカンパニーでプレイをしていたステファン・ニコラフスキーのことは好きです。
*ステファン・ニコラフスキーは「Beyond the Word」を書いています。
私はステファンからパリとアメリカで指導を受けました。
私はステファンにコーポラルマイムをどう思うか?聞きました。彼は「マイムの言葉(小野さんが訳された)」を読んだとの事、これ以上は言いたくない。あれはマイムではなくダンスだ。これがその時の返答です。
トムにも聞いた事があります。ポーリッシュマイムはどう思うか?トムはパリから列車に乗り観劇をしたとの事、トム・レバート曰く「あれはマイムではなくダンスだった」コリーンはステファンが猫背なので、コーポラルマイムの時間(地下の劇場)にステファンを見かけた時、その猫背を指摘した冗談を言いました。その時私は「ドクルーとトマチェフスキーでは、水と油なんだな」と思いました。2人は2つの大きなマイムの流派の代表選手、あまりにもバックグラウンドが違いすぎる。レッスンの内容や体の動かすやり方も別物でした。*3つ目の大きな流派はマルソーのパントマイムです。
ステファンにソロのマイムを見て頂いた時、「それはマルソーのやり方」と指摘されました。それはそうです。このように表現しないと、またマルソーに「マイムとは何かと言われ、正座をしてマイムとは何か?マイムとは何か?・・…と連発されるから」です。先のようにステファンに言われ、私はこの人もマルソーには敬意を示しているが、本当の考え方は違うのだ〜と思いました。
海外での修行でわかったことは、それじゃーマイムとは?聞いても仕方がない!!!!
なお、私がマイムの指導頂いた方は、他にも多くいらっしゃいます。2001年8月4日
武内勲


No.472 - RE:マイムについて

カテゴリ: [コメント] - - 投稿者:tico
'01.08.07(Tue.) - 09:45
- -
コメント元:471
コメント:473
武内さんの書き込みにレスをする「勇気」を買ってください!(笑)
だって難しいんですもん。

> 海外での修行でわかったことは、それじゃーマイムとは?聞いても仕方がない!!!!
> 武内勲
- -

でも一番よくわかったのはこの部分。
結局、「マイムってなに?」という疑問は修行なさった方でも
持っておられることがわかって一安心。
マイムって首をつっこむほどにわからなくなります。
そこで引き返すか前進するかは本人次第なんだと思います。

No.473 - RE:マイムについて

カテゴリ: [コメント] - - 投稿者:nagatomo
'01.08.07(Tue.) - 10:27
- -
コメント元:472
コメント:
> 武内さんの書き込みにレスをする「勇気」を
> 買ってください!(笑)
> だって難しいんですもん。
- -
たしかに、僕にも難しいっす。いやはや。

ただ、レスを付けていないのは、わりと自己完結している内容と感じたからなのでした。
レッスンに関しては、個別に交渉していただく方がよいですし。

No.474 - 「マイムの流れ」について

カテゴリ: [コメント] - - 投稿者:マイム芸術研究所
'01.08.08(Wed.) - 20:21
- -
コメント元:
コメント:475
マルソーの学校の地下の劇場でマダム・コリーン・スームにコーポルマイムについて質問をしました。
質問の後、コリーンは「なぜ、イザオ(私のギブネームのフランス語読み)ここにいるのか?」聞きました
私は「マルソーの技術を日本に持って帰らなければ、誰も持って帰える事は出来ない」と言いました。
コリーンは手を口にあて、深く考えていました。あれはマルソーの学校2年次の時です。
もしかしたら、コリーンには何か確信があったのかも知れません。

トムレバートは、新しい物の大切さをおっしゃいました。
パントマイムの次のコーポラルマイムの大切さをです。
そして、「HEROの過程」を説明して頂きました。

地球には3つの大きなマイムの流れがあります。
それは、このパントマイムの「よもやまばなし」を読めば解って頂けると思います。
1、パントマイム
2、ポーリッシュマイム
3、コーポラルマイム
        以上です。

私はトム・レバートに、フランス語でフィギュー、英語でアダージョの動きの質問をしました。
「なぜ、ドクルーはこのような動きをつくるのか?」
トムは「日本にもしぶいと言う言葉がある」と言いました。
私はその言葉で「マイムの美徳を求めてつくられた事なのだ」その時感じました。
*トムは京都で能の勉強を半年間した事があります。

若くマイムを志している日本語を読め理解できるあなた、真面目にからだのトレーニングをして下さい。それは長い道のりですが進んで下さい。

マイムを愛する者より

No.475 - RE:「マイムの流れ」について

カテゴリ: [コメント] - - 投稿者:nagatomo
'01.08.13(Mon.) - 10:02
- -
コメント元:474
コメント:479
ちょうど1年くらい前に、トム・レバート氏(コーポラル・マイムの第一人者です)の試技を拝見したことがあります。

「洗濯女」の一部でした。・・・これが、洗濯しているようにはまるで見えません。

僕はひそかに、「こりゃコミュニケーションとしては成立しないな」とか「ま、抽象画みたいなものか」と考えていました。

ですが、

> 「なぜ、ドクルーはこのような動きをつくるのか?」
> トムは「日本にもしぶいと言う言葉がある」と言いました。

この言葉を聞くと、すとんと腑に落ちましたね。
なるほど、「しぶさ」というのは、やれることをしっかりやり尽くした人こそが味わう感覚です。
僕なんか全然未熟ですが、それでもなんだかコーポラル・マイムに引きつけられるのは、「しぶさ」を感じたゆえなのでしょうか。

- -

話はガラリと変わって、武内さんへのご提案が1点あります。

ここのところ投稿していただいたメッセージなのですが、ご自身の意思表明がかなり強くなり、自己完結してしまっている感があります。

それなら、いっそのことご自身でページを立ち上げてみるのはいかがでしょうか?


というのは、ここはナガトモ個人が意見の交換用として便宜的に用意している場にすぎません。もちろん、できるだけ個人臭を消してパブリックにしたいとは思っているのですが。

でもいくらパブリックに近くても、他人のサイトのBBSで自分の主張を(自己完結度が強い形で)展開するのはいろんな面で「弱い」と思うのです。投稿したメッセージへの責任(一部は管理者が担うことになります)であるとか、管理者の不具合でメッセージが消失してしまうおそれがあるとか、そういった面で。


もちろん、ページを立ち上げるのは手間です。しかし、自分の責任で、意見や主張を遠慮気兼ねなく発表できるのは、その苦労に見合うと思います。

ましてや、コーポラル・マイムの情報は、インターネット広しと言えども、皆無に近い状態です。武内さんの経験を交えてうまくまとめ上げれば、マイム系情報サイトとしての価値はとても高いと思います。


ということで、差し出がましいようですが、ご自身のページを作ってみるのは、いかがでしょう?

No.476 - RE:マイムについて

カテゴリ: [コメント] - - 投稿者:William Nakamura
'01.08.09(Thu.) - 04:25
- -
コメント元:471
コメント:
こんにちは。William Nakamuraです。

Takeuchi san wrote:
> 場所があれば、指導された事、勉強した事を伝えることが、可能です。2年前の11月よりトレーニングを再開したので、今は海外で修行をしている以上に体が出来ています。生活は安定しているので、多くのレッスン料又、一般的なレッスン代は必要ありません。低額が可能です。

関西ではマイムのワークショップが頻繁に開かれているようですが、
関東ではワークショップ形式のものは少ないようですね。おそらく、
マイム教室がたくさんあるからでしょう。私が通っている教室の生徒
(練習仲間)の中には複数の教室をかけもちして受講している方が
何人もいます。私も2箇所に通っていますが、コーポラル・マイム
には非常に興味を持っています。

生粋のコーポラル・マイムを東京で教えてくれるところはほとんど
ないと思いますので、東京でワークショップを開催されるなら、
かなりの反響があるのではないでしょうか。
ワークショップという方法もあるかと思いますが、カルチャーセンター
の中には、講座の企画・講師を募集しているところがあります。
場所は東京の中心地からははずれるようですが、小さなカルチャー教室
では生徒が3人から5人ぐらいいれば開催するところもあるようです。
生徒数が少ないと、講師料も微々たるものとなって、練習後の懇親会費・
飲み代を考えるとお足が出てしまうかもしれませんね。
聞いた話ですが、例えば、〔生徒数×受講料〕の6割ぐらいをカルチャー
センター側が、講師が4割ぐらいを、という形になっているようです。
ただ、コンスタントな教授活動の場があるということはいろいろメリットが
あると思います。

> 私はステファンにコーポラルマイムをどう思うか?聞きました。彼は「マイムの言葉(小野さんが訳された)」を読んだとの事、これ以上は言いたくない。あれはマイムではなくダンスだ。これがその時の返答です。

ポーランドの『トマシェフスキー・マイムシアター』は、
17,8年前に来日公演したことがあるそうですが、私は「Tomaszewski's
Mime Theatre」という本でしか知りません。舞台風景がメインの写真集と
いった感じの本でとても楽しめますが、日本でよく見られるマイムとはかなり
異なったものとの印象を持ちました。
劇団の看板男優だったStefan Niedxialkowski氏("BEYOND the WORD"の
著書有り)の舞台写真も多数掲載されています。
ドゥクルー氏の『現代マイム』の流れを汲まないものとしては、ルコック・
システムのマイムやロシアのミミクリーチなどが日本でも紹介されることが
ありますが、トマシェフスキー氏のマイムとメソッドが話題にのぼることは
ほとんどないようです。武内さんがステファン氏から指導を受けられたとの
こと、貴重な体験をされましたね。マルソー氏の学校にステファン氏が客員
教授として招かれたことがあるという話は知っていました。
                                草 々

No.477 - 東京のマイム向上について

カテゴリ: [コメント] - - 投稿者:マイム芸術研究所
'01.08.09(Thu.) - 19:17
- -
コメント元:
コメント:478
 勘違いされない様に私の体験(実際に私の耳で聞いた事)を話して行きます。
 勿論、william nakamura さんのRE:「マイムの流れ」についてをもとに!そして、同じ日本人として成長してほしい!
 11月から「週に一度指導できる場を持ちたい」と再び身体が出来あがった時に思いました。
 そして、身辺をその方向に整えて来ました。
 
 トマチェフスキーの流れは、バレイ→マイム→バレイ
 マイムの時にステファンは在籍していました。
 トマチェフスキーが再びバレイに戻った時、ステファンはカンパニーにはいませんでした。
 ステファンは精神を病み精神病院に数年入っていました。精神が戻って医者に「マイムはするな」と言われたそうです。
 しかし彼はマイムをはじめたと言っていました。(その時の彼の表情は少々ニコヤカでした)
 2番目のバレイの時にトマチェフスキーカンパニーは日本に来日しました。

 トマチェフスキーの本(フテファンの写真入り)を私も持っています。
 ステファンの書いた本も!(Beyond the Word)私がパリから東京を経由してニューヨークに向かったのは、ステファンにマイムを教わる為でした。
 マルソーはポエテックな技ですが、フテファンはパワフルな強いテクニっクです。
 当時、私は率先して指導を願い今振り返って見てあらためて上記のように思います。

 ルコックシステムとありましたが、勿論パリ時代にルコックの学校に行っていた日本人とも時々会いました。
 あれは演劇学校です。又、ドクルーシステム、ルコックシステムという名称は誰がつくったのでしょうか?
 パリでそのような名称を聞いたことは一度もありません。

 武内勲
 
 
 
 

No.478 - RE:東京のマイム向上について

カテゴリ: [コメント] - - 投稿者:William Nakamura
'01.08.10(Fri.) - 00:49
- -
コメント元:477
コメント:
こんにちは。William Nakamuraです。

Takeuchi san wrote:
>  ルコックシステムとありましたが、勿論パリ時代にルコックの学校に行っていた日本人とも時々会いました。
>  あれは演劇学校です。又、ドクルーシステム、ルコックシステムという名称は誰がつくったのでしょうか?
>  パリでそのような名称を聞いたことは一度もありません。

誰が作ったのでしょうね...

『ルコック・システム』という名称は、晩成書房の「マイム―演劇のレッスン」(小谷野洋子著)の本の帯に「ルコック・システムに学んだ著者のレッスンの全体像」とあり、また、小谷野氏も本の中で「ルコック・システム」の名称を使われています。
ちなみに、ルコックの学校を卒業した方々が行うマイム(ムメンシャンツなど)が海外において話題を集めることがあるとは話に聞いたことがあります。

私は、ルコック・システムに基づくマイムというものがどういうものか知りたくて、昨年来日したフランスのパントマイミスト(名前を失念..ヴァンサンなんとかだったか..)の「マイムと道化」のワークショップを受講しました。私が学んでいるマイムとは訓練法が異なるのですが、とても楽しい経験をしました。

『ドゥクルー・システム』の名称は、何度か目にしたことがあります。(例:「マイムの言葉―思考する身体」(エティエンヌ・ドゥクルー著、小野暢子訳、ブリュッケ)の訳者あとがき等)海外のWeb siteでは、"Decroux Method"という名称が使われているのを見たことがあります。
                              草 々

No.479 - RE2:「マイムの流れ」について

カテゴリ: [コメント] - - 投稿者:tico
'01.08.10(Fri.) - 10:26
- -
コメント元:475
コメント:
> 話はガラリと変わって、武内さんへのご提案が1点あります。
>
> ここのところ投稿していただいたメッセージなのですが、ご自身の意思表明がかなり強くなっている感があります。
>
> それなら、いっそのことご自身でページを立ち上げてみるのはいかがでしょうか?

nagatomoさんの書き込みにレスをつけるのは、
サイト管理者としての「困ったなあ」っていう雰囲気が見えたからです。

たくさんのお話が聞けるのは大変ありがたいのですが、
nagatomoさんのサイトにどういう方たちが訪れておれるかは
管理者が一番よくわかっておられます。
またサイトの方針もnagatomoさんが決められることです。

武内さんが間違ったことを一つも言っておられないにしても
検索で「マイムってどんなことするんかな?」って
たどり着いた方が、専門的な話を読まれて、ひいてしまわれることも
考えられますし、また、プロの方もたくさん見ておられますので
考え方の違う方もおられるでしょう。

そういう意味でご自分の考えをはっきり出されるのでしたら、
(出し続けられるのでしたら)
(この掲示板でマイムとは何かを教えようと思っておられるのでしたら)
ご自分のHPを持って体験を書いていただけたら
ありがたいということです。
私も興味はありますので、また読ませていただきます。

また「マイム芸術研究所」の宣伝でしたら、私のHPからも
リンクさせていただきます。

要するに正しいか間違ってるかのことではなくて、
全体のバランスの問題です。
いろいろ誤解のないように受け取ってください。
(掲示板は結構、論争に発展することが多いのでネ)

No.480 - 最後に

カテゴリ: [コメント] - - 投稿者:武内 勲
'01.08.10(Fri.) - 12:51
- -
コメント元:
コメント:481,482
 私はこのような結果になることを予想して、今まで口を閉ざしてきました。
 しかし、海外でマイムを学ぼうと考えている方や学んでいる方のヒントになればうれいし!
 マルソーの学校では、現在3人の方が勉強しています。
 アメリなどで勉強している方などが投稿していたら、また違った方向に向かったかもしれません。
 新たなワールドワイドウェブに希望を持ち、また日本のマイム関係者が個別のHPだけではなく、情報をより共有できますように!
さようなら
 

No.481 - RE:最後に

カテゴリ: [コメント] - - 投稿者:tico
'01.08.10(Fri.) - 22:10
- -
コメント元:480
コメント:
>  私はこのような結果になることを予想して、今まで口を閉ざしてきました。
>  しかし、海外でマイムを学ぼうと考えている方や学んでいる方のヒントになればうれいし!

後味の悪い終わり方になりましたが、
今の日本ではマイムを教えてくださる方がまだまだ足りません。
日本での教授活動を初めてくださることを願っている一人です。
海外へ行かなくても武内さんが日本で教えてくださったら
たくさんの方が勉強しやすくなると思います。
よろしくお願いします。

書き込みに関しては武内さんの想いが独走したという程度です。
話を聞きたいのは山々ですが、この場所に於いて
話すのはあまり適さないと思ったまでです。
場所を変えて聞かせていただけたら、ありがたいです。

No.482 - RE:最後に

カテゴリ: [コメント] - - 投稿者:William Nakamura
'01.08.11(Sat.) - 23:24
- -
コメント元:480
コメント:
こんにちは。William Nakamuraです。

Takeuchi san wrote:
>  しかし、海外でマイムを学ぼうと考えている方や学んでいる方のヒントになればうれいし!

繰り返しとなりますが、武内さんのご経験と技能は非常に貴重なものだと
思います。舞台活動は言うに及ばず、ぜひ教授活動の形でもそれを
活かしてくださいますように。
                       草 々

No.483 - マイムというより身体論ですが

カテゴリ: [WWW, 書籍情報] - - 投稿者:nagatomo
'01.08.14(Tue.) - 12:39
- -
コメント元:
コメント:
ナガトモです。

検索サイトの goo (
http://www.goo.ne.jp/) がリニューアルされています。「パントマイム」で引いてみて、面白かったのをご紹介。

マイムというより身体論なのですが、「ほぼ日刊イトイ新聞」の中にある「婦人公論井戸端会議」の

「あなたも「超人」になれる」

が興味深いです(『婦人公論』の記事を転載したもの)。

武術家、身体論の教授、糸井重里の三氏による対談です。
日本人の動きの特性や武術での身体の使い方(体を割る)についての話があるのですが、これが意外とマイムでの身体の使い方に通じるような。

で、URL なのですが、どうも「ほぼ日刊イトイ新聞」はリンクの許可がいる上に、リンクは原則トップページへ行なうように指定されています。

なもので、お手数ですが http://www.goo.ne.jp/ で、
「パントマイム 婦人公論 井戸端会議」
をキーワードに検索したうえで当該ページを参照してください。

No.484 - YLLANA公演

カテゴリ: [コメント] - - 投稿者:8843
'01.08.16(Thu.) - 18:33
- -
コメント元:
コメント:485,486
今、オシャレなスポット。お台場にあります、ライブハウス「トリビュート・トウ・ザ・ラブジェネレーション」通称TLGでスペインマドリッドの喜劇団「YLLANA」ヤナの公演が8/30〜9/2まで行われます。
                             言葉の壁を軽々と超えたそのパフォーマンスでお年寄りから子供まで熱狂させます。
マイム好きには一見の価値あり。

お問い合わせ 03-5562-0808 BEC

No.485 - RE:YLLANA公演

カテゴリ: [コメント] - - 投稿者:tico
'01.08.17(Fri.) - 10:13
- -
コメント元:484
コメント:
> 今、オシャレなスポット。お台場にあります、ライブハウス「トリビュート・トウ・ザ・ラブジェネレーション」通称TLGでスペインマドリッドの喜劇団「YLLANA」ヤナの公演が8/30〜9/2まで行われます。
>                              言葉の壁を軽々と超えたそのパフォーマンスでお年寄りから子供まで熱狂させます。
> マイム好きには一見の価値あり。
>
> お問い合わせ 03-5562-0808 BEC
- -
私は関西なので行かないですけど、ALTのHPで見つけて
なんか面白そうだなあって思っていたところでしたよ。

http://www.mediage.co.jp/TLG/artist/artist_spt1.html

ALTはお台場のメディアージュの中にあります。
http://www.mediage.co.jp/index2.html

参考までに。


No.486 - RE:YLLANA公演

カテゴリ: [コメント] - - 投稿者:nagatomo
'01.08.17(Fri.) - 13:42
- -
コメント元:484
コメント:
> TLGでスペインマドリッドの喜劇団「YLLANA」ヤナの公演が8/30〜9/2まで行われます。
- -

お知らせありがとうございます。
公演情報に追加させていただきました。

ストーリー性が強いみたいで、ストーリー志向の強い私としては興味津々です。

# でも、御台場まで見に行く余裕はとてもないですが。

No.487 - カンジヤマ先生の教え子です。

カテゴリ: [コメント] - - 投稿者:明日香美穂
'01.08.18(Sat.) - 22:05
- -
コメント元:
コメント:488
聾唖者のマイム〜世界のマイムへ、20代の頃は浸りきってました。いまは、サインマイムを取り入れた、シンガーサインソングライターを目指して精進してます。目指す日本の師匠は丸山コウジ先生ですね!今は富山県という田舎に居るので、ナカナカマイムのリアルタイムが伝わらないのですが、各お世話になった先生方も、みなさんご活躍中やろな思うと、懐かしく嬉しいです。夢は、聞こえる人も聞こえない人もともに楽しめるライブつくり!明日香、歌もうまいのよ、手話歴ももう22年か!やらなやなあー1歌って身体で歌うシンガーに!仲間も募集中!よろしく!

No.488 - RE:カンジヤマ先生の教え子です。

カテゴリ: [コメント] - - 投稿者:nagatomo
'01.08.18(Sat.) - 22:55
- -
コメント元:487
コメント:
明日香美穂さん、こんにちは。ここの管理人です。

> 各お世話になった先生方も、みなさんご活躍中やろな
> 思うと、懐かしく嬉しいです。

カンジヤマさんから教わってらしたとのことですが、このたび渡米されて、しばらくは活動休止(少なくとも国内では)との話はご存じでしょうか?
(先月に国内最終公演があったのですが)

カンジヤマさんのページ:
http://www1.odn.ne.jp/~caz41850/
に、新しい連絡先等がありますので、もしまだご存じなければ、ご覧あれ。

# カンジヤマさんの『ザ・パントマイム』早く入手して
# 書籍情報に追加しないと・・・。

No.489 - 吉田明美マイムスクールの公演案内です。

カテゴリ: [公演情報] - - 投稿者:町田
'01.09.05(Wed.) - 00:17
- -
コメント元:
コメント:

こんにちは、初めてここに書き込みさせて頂きます.
吉田明美マイムスクールの町田です。

公演の案内をさせて頂きます
                            ピンポン・パントマイム 15              9月15日(土) 
開場pm5:00 開演pm5:30
チケット{前売り}1,500円
    {当日} 1,800円(全席自由)
TEL 090−8046−5288(町田)
 {チケットぴあでも取り扱っています}
                            場所  労働スクエア東京 
地下鉄日比谷線・JR京葉線/八丁堀駅{A3出口}徒歩2分
地下鉄有楽町線/新富町駅{5番出口}徒歩5分
  
内容:今年で15年目を迎えるこの公演。
プロのパントマイマーとして
各種イベントにも多数出演しているメンバーが中心となり
コミカルな作品を中心に上演します。
















No.490 - 吉田明美マイムスクールの公演案内です。

カテゴリ: [公演情報] - - 投稿者:町田
'01.09.05(Wed.) - 00:18
- -
コメント元:
コメント:
こんにちは、初めてここに書き込みさせて頂きます.
吉田明美マイムスクールの町田です。

公演の案内をさせて頂きます
                            ピンポン・パントマイム 15
9月15日(土) 
開場pm5:00 開演pm5:30
チケット{前売り}1,500円
    {当日} 1,800円(全席自由)
TEL 090−8046−5288(町田)
 {チケットぴあでも取り扱っています}
                            場所  労働スクエア東京 
地下鉄日比谷線・JR京葉線/八丁堀駅{A3出口}徒歩2分
地下鉄有楽町線/新富町駅{5番出口}徒歩5分
  
内容:今年で15年目を迎えるこの公演。
プロのパントマイマーとして
各種イベントにも多数出演しているメンバーが中心となり
コミカルな作品を中心に上演します。
















No.491 - 清水きよし/9月 中国・四国・紀州ツアー情報

カテゴリ: [公演情報] - - 投稿者:William Nakamura
'01.09.08(Sat.) - 04:52
- -
コメント元:
コメント:
こんにちは。William Nakamuraです。

清水きよし氏の9月ツアー情報を入手いたしましたので、
お知らせ致します。

---------------------------------------------------------------------
■2001年 9月15日〜22日
『11弦ギター&パントマイムの夕べ/清水きよし 中国・四国・紀州ツアー』

11弦ギター奏者・辻 幹雄 & パントマイム・清水きよし

●9月15日(土)開演 PM7:00 開場 PM6:30
場所: 板橋さざなみ幼稚園すくすくホール(広島県東広島市西条町寺家261)
料金: 3,000円
主催:「辻幹雄+清水きよし 11弦ギターとパントマイムの夕べ」実行委員会
問合せ:TEL 0824-22-3788 板橋さざなみ幼稚園・難波さん
 ※東広島市在住の詩人・井野口慧子さんも自作の詩の朗読で参加。

●9月17日(月)開演 PM7:00 開場 PM6:30
場所: 大崎上島開発総合センター(広島県大崎町)
料金: 1,500円
問合せ:TEL 08466-4-3510 大崎町町役場・多武保さん

●9月18日(火)
1)学校公演・大崎海星高校 開演 PM3:30
2)豊町・若胡子屋(わかえびすや)跡 (大崎下島御手洗)
開演 PM7:00 開場 PM6:30
主催: 大亀孝司さん/多武保清美さん
問合せ:TEL 08466-4-3510 大崎町町役場・多武保さん
   ※昔の遊廓だった建物でのコンサート

●9月19日(水)開演 PM7:00 開場 PM6:30
場所: 称明寺 TEL 088-872-0539(高知県高知市升形8-19)
料金: 2,000円/当日2,300円(15才以下65才以上1,000円引き)
主催: 嶺北舍
問合せ: TEL 0887-76-4620 嶺北舍
 ※三味唄・今井田歌さんとジョイント

●9月20日(木)開演 PM6:30 開場 PM6:00
場所: 新居浜マリンパーク(愛媛県新居浜)
料金: 3,500円/子供 1,800円
問合せ:TEL 0896-23-2670 檜垣さん

●9月22日(土)開演 PM6:30 開場 PM6:00
場所: 新宮地域職業訓練センター TEL 0735-23-0005(和歌山県新宮市)
料金: 前売 2,400円/当日 2,800円(高校生以上)
主催: 感to歓の和
問合せ:TEL 0735-29-0269 輪野さん(新宮市高田652-2 スペース光風)

*問い合わせ/清水きよしマイムワークス TEL 042-379-5914
-------------------------------------------------------------------
                          草 々

No.492 - 遅くなりましたが

カテゴリ: [一般的な話題] - - 投稿者:nagatomo
'01.09.09(Sun.) - 21:57
- -
コメント元:
コメント:
こんばんは、ここの管理人です。

町田さん、William Nakamuraさん、公演情報のお知らせありがとうございました。
いましがた、ようやっと本編およびトップに転載いたしました。

特に、町田さんは早くに書いていただいたのに、転載がたいへん遅くなってしまい申し訳ありませんでした。

また、William Nakamuraさんも、量が多いところをありがとうございました (いつも助かっています)。


風邪はだいぶ治ったが、仕事に追われているナガトモでした。

No.493 - げきだんHOCUS POCUS公演案内(9/15,16)

カテゴリ: [コメント] - - 投稿者:げきだんHOCUS POCUS
'01.09.14(Fri.) - 13:40
- -
コメント元:
コメント:494,495
げきだんHOCUS POCUS(大阪)では、
今週末に 、映画を題材にした今までにない全く新しい
ステージ・パフォーマンスを行います!!

その名は、「シネマイム 〜20世紀 映画の復習〜」

◇会場 心斎橋ウイングフィールド
◇日時 2001年9月15日(土)15:00〜、19:30〜
         16日(日)13:00〜、17:00〜
◇入場料金 前売\1,500/当日\1,800
     高校生以下(要学生証)\1,000
     シルバー(65歳以上・要証明書)\1,000

★特典:ネットで見たと言ってもらえれば、前売り料金で!

今回は「スター・ウォーズ」「E.T.」「タイタニック」を
題材に、役者の身体だけを使って印象に残る名場面を再現!
広大な宇宙だって、空飛ぶ自転車だって、沈みゆく船だって
役者達は変幻自在に表現します。CGなんて使いませんよ(笑)
エンターテインメント性豊かな作品なので、演劇嫌いな人や、
映画好きな人にも楽しんでいただけると思います。
詳細はこちらへ、
http://www5a.biglobe.ne.jp/~synchro/hocus_pocus_perfomance_fra.html

また、当日かんたんなお手伝いをしていただける方を急募しています。
われわれと一緒に会場を盛り上げて下さい!

全ての問い合わせ・チケット予約等はメールで。
kybo@pop17.odn.ne.jp

No.494 - RE:げきだんHOCUS POCUS公演案内(9/15,16)

カテゴリ: [コメント] - - 投稿者:nagatomo
'01.09.14(Fri.) - 21:27
- -
コメント元:493
コメント:
ここの管理人です。

> げきだんHOCUS POCUS(大阪)では、
> 今週末に 、映画を題材にした今までにない全く新しい
> ステージ・パフォーマンスを行います!!
- -

面白そう!
既存のストーリーを使った作品って、マイムでやるとまた違った面白さが出てくるんですよね。

・・・でも、明日からか (わたしゃ体調しだいだな)。

時間もおしているので、ひとまずトップの公演一覧に掲載させていただきました。少しでも動員に貢献できればよいのですが。

No.495 - RE:げきだんHOCUS POCUS公演案内(9/15,16)

カテゴリ: [コメント] - - 投稿者:むー
'01.09.17(Mon.) - 01:46
- -
コメント元:493
コメント:
滅多に書き込みをしない、むーと申します。
ここ3日ほど、HPが見れない状態になっていたため、残念ながら、見逃してしまいました。

> げきだんHOCUS POCUS(大阪)では、
> 今週末に 、映画を題材にした今までにない全く新しい
> ステージ・パフォーマンスを行います!!
>
> その名は、「シネマイム 〜20世紀 映画の復習〜」

これを読んで、むごんげきカンパニーさんがやってらっしゃる公演を思い出したのですが、また、違った切り口でされたのでしょうか。

ところで、オフィス・シンクロナイズさんと関係があるのですね。以前所属していた劇団の先輩が制作をされているので、なんだかご縁を感じてしまいました。

No.496 - Commedia dell'Arte講座(第5期)

カテゴリ: [教室情報] - - 投稿者:William Nakamura
'01.09.24(Mon.) - 13:03
- -
コメント元:
コメント:
こんにちは。William Nakamuraです。

コメディア・デラルテ(Commedia dell'Arte)の講座情報です。

コメディア・デラルテはマイム/パントマイムではありませんが、
歴史的に、マイムやクラウン芸の源流の一つとして位置づけられる
ことがあります。
日本でコメディア・デラルテの演技を仮面やバトーチョ等の道具を
使用して実習できる機会は非常に少なく、カルチャー教室で講座を
開催しているのは一箇所しかありません。
Nakamuraも第1・2期を受講、4期を受講中ですが、とても楽しい
講座で、お薦めできます。コメディア・デラルテの演技法を学ぶと
ともに「カノバッチョ」という短い作品づくりも楽しめます。
マイム芸、クラウン芸の幅を広げたいという方にはうってつけの
講座かと思います。

--------------------------------------------------------------
『イタリア仮面喜劇 コメディアデラルテ』

日時:2001年10月・11月・12月の木曜日
10月4日〜12月20日 (第5期/全10回)
19:00〜21:00
主催・会場:阪急大井 doカルチャー ア・グ・リ・
      TEL 03-5746-1090/FAX 03-5746-1095
  <交通:JR京浜東北線大井町駅より徒歩3分>
  〒140-0014 東京都品川区大井1-50-5 大井開発ビル2F
   Web:
http://www.joba.co.jp/agooli/
受講料: 30,000円(消費税1,500円別途)

講師:光瀬 名瑠子(みっせ なるこ) 俳優/演出家 
※ 光瀬氏は、コメディア・デラルテの本場イタリアにて、
     著名なコメディア・デラルテ研究家、役者・演出家、教師、
     仮面作家であるAntonio Fava氏に師事、日本においてコメディア・
     デラルテの演出家・俳優として活動。デラルテ舎を主催。
     本年5月には、日本におけるイタリア2001参加ということで、
     Antonio Fava氏ひきいる Teatro del Vicoloの公演に参加出演。
※「デラルテ舎」:http://member.nifty.ne.jp/dellarte/

申込み、問合せ:阪急大井 doカルチャー ア・グ・リ・    
        (東急/JR 大井町駅下車)
        TEL 03-5746-1090/FAX 03-5746-1095
〒140-0014 東京都品川区大井1-50-5 大井開発ビル2F
Web:http://www.joba.co.jp/agooli/
----------------------------------------------------------------------
★講座は、16〜17世紀(ルネサンスからバロック初期)にイタリアで生まれた
古典喜劇のコメディア・デラルテをレクチャーと実践を通して学ぶもので、
実践では仮面やバトーチョも使用して各キャラクターの特徴・動き・台詞を
実習する。また、短いストーリーを受講生自らが創作し、個人および集団に
よる即興と劇を行う。コメディア・デラルテは多くのパフォーマンスへ応用が
可能である。
---------------------------------------------------------------------
☆なお、第4期講座の最終日である9月27日(木)、doカルチャー ア・グ・リ
 の稽古場にて、第4期の生徒達による発表会が午後8時より行われます。
 2グループによる発表で、コメディア・デラルテのキャラクターと演目は
 以下のとおり。
 1)恋人達 (フラビオとイザベラ)『恋は盲目』
 2)カピターノ(将軍)とバガティーノ(召使い)『後悔、先に立たず』
 時間は合わせて25分ぐらいでしょうか。観劇料は無料です。
 コメディア・デラルテの講座に興味がおありの方は、見学を兼ねていら
 してみるのも一興かと存じます。
---------------------------------------------------------------------

※パントマイムMLの方にも情報を流させていただきました。
 前の期の際にもBBS等でご紹介させていただきました。
                          草 々

No.497 - 復活です

カテゴリ: [一般的な話題] - - 投稿者:nagatomo
'01.10.12(Fri.) - 17:56
- -
コメント元:
コメント:
いささか遅くなりましたが、再びこのBBSが使えるようになりました。
パッと見はほとんど変わっていませんが、管理者側の使い勝手を悪くしていたCGIのバグを主に修正しています。


それでは再び、本BBSをゆるりとご愛顧くださいませ。

No.498 - タイトルバー

カテゴリ: [コメント] - - 投稿者:tico
'01.10.15(Mon.) - 10:11
- -
コメント元:
コメント:499
BBSのタイトルが変わっているのですね。
前のは「PANTOMIME会議室」って、お気に入りに入って
いました。少し柔らかくなった感じですね。
MLでおしゃべりしているため、こちらへの書き込みがグンと
減ってしまって、申し訳ないです。
京都府城陽市での清水さんのライブと、京都市での
ワークショップ、トップページにありましたね。
いずれも席数が少ないのでお早めにご予約お願いします。
・・・って、関係者ではないですけど。(^o^)

No.499 - RE:タイトルバー

カテゴリ: [コメント] - - 投稿者:nagatomo
'01.10.16(Tue.) - 20:29
- -
コメント元:498
コメント:500
ticoさん、まいどです。

> BBSのタイトルが変わっているのですね。

そうなのです。長年やってきて、ここのタイトルが「会議室」だけだったのに、つい先日ようやく気が付きました。

ほか、見た目はホントに微調整だけです、ハイ。

> MLでおしゃべりしているため、こちらへの書き込みがグンと
> 減ってしまって、申し訳ないです。

いえいえ。どうかお気になさらず。
のんびり、ポツポツと書き込みがたまっていく方がいい感じですよ。

# ちょっと堅い話になりますが、ここ数年のWWWでのアクセス
# 数偏重や、更新や投稿数が多ければ多いほどよいとする風
# 潮に、僕は批判的なのです。

No.500 - RE2:タイトルバー

カテゴリ: [コメント] - - 投稿者:tico
'01.10.16(Tue.) - 23:06
- -
コメント元:499
コメント:501
> # ちょっと堅い話になりますが、ここ数年のWWWでのアクセス
> # 数偏重や、更新や投稿数が多ければ多いほどよいとする風
> # 潮に、僕は批判的なのです。
- -
それは私もWWW以外の面でも感じていました。
観客動員数が収入に結びつくプロの方が気にするのはともかく、PTA行事とか、公民館行事とか、参加者が少ないと企画が悪かったという批判をいただいてしまい、結構いやな思いをしたことが何度もあります。少なくても参加者は充実していたのですが。

公民館行事でマイム講習会(1回こっきり)を依頼されたときに参加者が少なかったら申し訳ないという公民館のはからいで
近くの留守家庭児童会から小学生1年生〜4年生まで30人ほどが連れて来られました。広い部屋にとってもうれしくなった子供達はまるで運動会なみに走り回り、マイムに興味を持って申し込まれた方にひどく迷惑をかけてしまいました。

もちろん、私の力不足は完全に認めます。(T_T)
でも、無理して集めなくてもいいじゃないですか・・・と思いました。希望的観測で言えば、走り回ってた子供達が、なんらかの思い出を持って帰ってくれてたらいいなあ〜って。
子供は正直って言いますが、ホント、難しいですねえ。